フローレント ぴあの教室

ピアノが弾ける楽しさを伝えたくて、ピアノの先生をしています。
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ♪ ピアノレッスン
CATEGORY ≫ ♪ ピアノレッスン
       次ページ ≫

終了証書

今年の2月に始まった藤原亜津子先生によるバスティンメソッドの8回講座が1週間前に終了しました。

10年以上前からレッスンの教材はバスティンを使っています。

最初に藤原先生の講座を受けて、私もバスティンでやっていこうと思いました。

藤原先生だけでなく、たくさんの先生の講座もうけてきましたが、やっぱり藤原先生は私にとっては特別な存在です。

これからも藤原先生のように、一生勉強し続けてまだまだ成長していきたいなと思っています。




スポンサーサイト

今日のレッスン

パーティーCを練習中のSちゃん(小1)。

ちょっとお指の動きがスムーズにいかないなぁ

そこで出てきたのは…指人形

お指にはめて、いっちにいっちに



お指をつけ根から起き上がらせて、動きをよくする体操です

お家でも毎日頑張ってみてね



バスティン・パーフェクトセミナー

普段からピアノセミナーはよく行きます。

色々な先生のお話や指導法など聞くのは、とても勉強になりますし楽しいです。

あまりセミナーに行ったお話など、ブログに書いたりしないですが…今回は特別。

だって、私がバスティン・メソッドを始めるキッカケになったのは、この藤原先生のセミナーに行ってお話を聞いたからです。

藤原先生はお人柄も素晴らしいし、常に前向きで新しいことにチャレンジして、色々なことをもっと知りたいという姿勢にとても共感しています。

「もう大台よ」と仰るけれど、年齢を全く感じさせない見た目も気持ちもお若い先生です。





音名がひとつずつ書かれたフェルトのを首飾りにしている先生。

たちはボタンで繋がっています。





ちゃんになって音名を言いながら鍵盤を歩くんです




セミナー終わって、みんなで藤原先生を囲んで記念撮影

あと7回、先生にお会いできます


ピアノレッスン見学

遅くなりましたが・・・

10月30日(日)にピアニストの関本昌平先生のレッスン見学に行って来ました\(^o^)/

関本先生は、20歳の時にショパンコンクールで世界第4位になったピアニストです

そんなすごい先生のレッスンを見学できるめったにないチャンスを

お友達のA先生と一緒に、岐阜の関本先生のレッスン室へを乗り継いで行って来ました(^^♪



レッスン曲は、全曲ショパンプログラム

即興曲1番に幻想即興曲、スケルツォ2番

まだまだ小学校4年生、5年生、中学1年生と若いのに、めっちゃ弾けてる

それに、関本先生の的確でわかりやすいアドバイスで、演奏が更によくなっていくのです。



スゴイな~

それに加えて、時折お手本で弾いてくださる関本先生のピアノが素敵すぎて充実した2時間でした。



すっごく勉強になるレッスンを見せていただいたので、

あとは私がどれだけ生徒ちゃんに伝授できるかどうか・・・そこが問題です



頑張るぞ~

アフクタクト

今日のレッスンも小学1年生のMちゃんから

テキストはバスティンピアノのレベル1をしています。

曲は「ふくろうおじさん」




この曲はアウフタクトで始まる曲ですが・・・

私「Mちゃん、こんな風に1拍めからじゃなくて、途中の拍から始まる曲を何ていうのかな? ここに書いてあるよ。」

と左上のカタカナを指さすと

Mちゃん「あふくたくと

私「えっと・・・アフタクトじゃなくて・・・よく見てごらん アウフタクトだよ」

Mちゃん「あうふく・・・たくと

何回言っても、どうしても「ク」が余計に入ってしまいます(笑)

まだまだ1年生になりたてなので、カタカナがスラスラと読めないみたいです。





まっ、可愛いから、いいっか~



プロフィール

chacorin

Author:chacorin
大阪市北区の天満橋でピアノ教室をしています。
個人レッスンです。


♪全日本ピアノ指導者協会(PTNA) 会員
♪大阪千里バスティン研究会 会員
♪PEN (Piano Educators Network) 会員

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ