フローレント ぴあの教室

ピアノが弾ける楽しさを伝えたくて、ピアノの先生をしています。
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ♪ コンクール
CATEGORY ≫ ♪ コンクール
       次ページ ≫

2017 ベーテン全国大会

ベーテンコンクール自由曲の部で、夏の予選、秋の本選を通過して、全国大会へとやってきました。

今年は小学1・2年生の部で3人、3・4年生の部で1人、高校生の部で1人の計5人です。



まず、25日に小学1・2年生と3・4年生の部があったので、4人と東京へ

1年生と2年生の3人はまるで旅行気分です

泊まったホテルが上野だったので、ホテルの玄関にいたと記念撮影



みんなで練習室を借りて、わいわいしながら、でも真剣に最後の調整をして、


まずは1・2年生の部で、Mちゃん(小1)から

踊り明かそう祭りの夜は(平吉毅州) ゆきのふるひのオルゴール(湯山昭)

1曲目は楽しくリズム感も良く、そして軽快に、2曲目はキラキラ の音で、表情豊かに弾けたと思います。


次はNくん(小2)

小さな歌 エチュード、どちらもハチャトゥーリアンです。

1曲目は静かに表情豊かに、2曲目はテンポよく、抜群の集中力で弾けました。


ラストはYちゃん(小1)

やさしい変奏曲(カバレフスキー)

最初からノリノリで、やや暴走気味ではありましたが(笑)最後まで集中力が切れることなく、弾ききりました!



結果発表の掲示板の前はすごい人でごった返していましたので、とりあえず写メを撮り、ゆっくりと確認をしました。

信じられない結果がそこにはあって・・・

何度も何度も確認をしましたが、やはり

1位…Nくん、2位…Mちゃん、4位…Yちゃん



嬉しいのとびっくりしたのとで、手が震えてきました(笑)

みんなで喜べる結果で良かった\(^o^)/



そんな3人を横で見ていた4年生のSちゃん。

この結果発表を聞いたすぐ後での演奏です。

もちろん素直に「おめでとう」という気持ちを持っているSちゃんですが、それとは反対にプレッシャーが重くのしかかってきていました。

無理もありません。

誰もがその場にいたら感じることでしょう。

でも、自分の今までの練習を信じて弾くしかありません。


Sちゃんはカプリス(シベリウス)を素敵に、とてもカッコよく聴かせてくれました。

Sちゃんの精神力の強さに感動し、同時にその成長に驚かされました。

子どもって大人が思っている以上にスゴイですね。

結果はベスト20でしたが、今回のコンクールでは結果以上の成果があったと思います。



さて、最後は高校生の部のKくんです。

1位だったらピアノコンチェルトに出演できるご褒美があると聞いて、「絶対1位をとりたい!」と頑張って練習してきました。

チビッコ達の結果にプレッシャーを感じながらも、自分が恥ずかしい演奏は出来ないと、、

本番前の演奏はとても良い感じで、舞台へと上がっていきましたが…

モーツァルトピアノソナタK576 第3楽章とアンダルーサ(グラナドス)

少し会場のピアノに苦戦したのか、いつものペースではありませんでしたが・・・

モーツァルトは多彩な音色で、アンダルーサはとても表情豊かに聴かせてくれました。

結果は・・・2位。

普通ならやったーーー\(^o^)/

と喜ぶところですが…

私とKくんのテンションは

あと一歩でピアノコンチェルトに届かなかったという思いの方が強く、喜ぶことを忘れていました

「いつかはピアノコンチェルトをやりたい!」

そんなKくんの夢がもう少し先になっただけ…

また、その夢に向かって頑張るしかない!と決意も新たに、次は1月7日の教室の発表会と8日のピティナ入賞者コンサートに向けてまだまだ走り続けるKくんです。




スポンサーサイト

ベーテン地区大会 

久しぶりの更新になります

12月10日にベーテンコンクール課題曲コースがありました。

Hちゃん(小2)が弾いたのは、♪小さな集会(ブルグミュラー)

ブルグミュラーの曲をまだ弾いたことがなかったので、なかなか難しかったけど…

小さな手で一生懸命練習して、銀賞をいただきました!

念願のトロフィーもGETして、ご機嫌なHちゃんです



2017ピティナ

ピティナ全国大会が終わって2週間が経ちました。

今年はF級で1人、Kくん(高2)が全国大会までいくことができました。

来年は大学受験を控えているので、さすがにもう出れないだろうと…

だから今年はどうしてもいきたいと頑張って、2回目の本選(1回目は優秀賞)で全国大会の切符を手にしました。

全国大会では、たくさんの方がわざわざ聴きに来てくださり、私たちの心に残る素敵な演奏を聴かせてくれましたが、少々のミスもあり、賞には届きませんでした

でもKくんは演奏後、楽しかった~と

もっと弾いていたかったとも言っていました。

あの大舞台でそう言える緊張感のなさには脱帽です

大物やなぁ(笑)








全国大会とまではいきませんでしたが今年もたくさんの生徒ちゃんたちが頑張りましたよ

全員が予選を通過し、本選でも優秀賞や奨励賞もいただけた子もいました



初めて本選で優秀賞がもらえてご機嫌なNくん(小2)





今年も全国大会にいくぞ!と頑張りましたが、あと一歩及ばず優秀賞のYちゃん(小1)






本番前の練習でまさかのミス連発

本番ではなんとか乗り切って奨励賞をいただきましたSちゃん(小4)






落ち着いて練習通りに弾けました奨励賞のAちゃん(小4)





C級ってみんな上手でヤバいと言いながら、なんとか奨励賞に入りました(笑)





本選も頑張ってとってもいい感じで弾けましたが、賞にはとどかず

来年はリベンジするぞ~と、Mちゃん(小1)





今年は受験の年で参加しようかどうか迷いましたが・・・やっぱり出ちゃいました(笑)

本選では結果は残せなかったけど、いろいろと勉強になったとNちゃん(中3)





結果はそれぞれでしたが・・・

努力が実を結んだ時の達成感や、努力をしたけど報われなかった悔しさは、これから先の人生に必ず何かの役に立てると信じています。

みんなと同じもいいけど、みんなと違う自分も見つけてほしい

自分にしかない個性を大事に育てていってほしいなと願っています





ベーテン予選②

1週間経ってしまいましたが・・・

22日に川西みつなかホールでもベーテンの予選がありました。

課題曲コースにHちゃん(小2)がチャレンジ

体がちっちゃくて腕や指も細いので まずしっかりとした響く音を出すのが大変でした

でも、Hちゃんはコツコツと練習を重ねて、キレイな音で、 みごと金賞をGET

努力は裏切らないって証明してくれました。





自由曲コースにも、Yちゃん(小1)とNちゃん(中3)が参加して、2人とも最優秀賞をいただきました



この後、ピティナ本選を控えている2人です。

さらにいい演奏を目指して頑張ってほしいと思います




ベーテン予選①

昨日はベーテンの予選がありました。

ピティナの本選曲を本選と同じホールで弾けるので、Mちゃん(小1)・Nくん(小2)・Sちゃん(小4)の3人が受けました。

3人とも仲良く予選通過できました





3人ともいい感じで弾けたところもありましたが、もう少しこうした方がいいなとか思ったところもあったりして・・・色々な修正点も見えたので、これからPTNA本選に向けて頑張って練習していきたいと思います





これは、ホール入り口にあったピアノの鍵盤のオブジェ(さすが、音楽大学のホール)

私の母校ですが・・・


かわいいな~



プロフィール

chacorin

Author:chacorin
大阪市北区の天満橋でピアノ教室をしています。
個人レッスンです。


♪全日本ピアノ指導者協会(PTNA) 会員
♪大阪千里バスティン研究会 会員
♪PEN (Piano Educators Network) 会員

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ