フローレント ぴあの教室

ピアノが弾ける楽しさを伝えたくて、ピアノの先生をしています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ♪ コンクール
CATEGORY ≫ ♪ コンクール
       次ページ ≫

2017ピティナ

ピティナ全国大会が終わって2週間が経ちました。

今年はF級で1人、Kくん(高2)が全国大会までいくことができました。

来年は大学受験を控えているので、さすがにもう出れないだろうと…

だから今年はどうしてもいきたいと頑張って、2回目の本選(1回目は優秀賞)で全国大会の切符を手にしました。

全国大会では、たくさんの方がわざわざ聴きに来てくださり、私たちの心に残る素敵な演奏を聴かせてくれましたが、少々のミスもあり、賞には届きませんでした

でもKくんは演奏後、楽しかった~と

もっと弾いていたかったとも言っていました。

あの大舞台でそう言える緊張感のなさには脱帽です

大物やなぁ(笑)








全国大会とまではいきませんでしたが今年もたくさんの生徒ちゃんたちが頑張りましたよ

全員が予選を通過し、本選でも優秀賞や奨励賞もいただけた子もいました



初めて本選で優秀賞がもらえてご機嫌なNくん(小2)





今年も全国大会にいくぞ!と頑張りましたが、あと一歩及ばず優秀賞のYちゃん(小1)






本番前の練習でまさかのミス連発

本番ではなんとか乗り切って奨励賞をいただきましたSちゃん(小4)






落ち着いて練習通りに弾けました奨励賞のAちゃん(小4)





C級ってみんな上手でヤバいと言いながら、なんとか奨励賞に入りました(笑)





本選も頑張ってとってもいい感じで弾けましたが、賞にはとどかず

来年はリベンジするぞ~と、Mちゃん(小1)





今年は受験の年で参加しようかどうか迷いましたが・・・やっぱり出ちゃいました(笑)

本選では結果は残せなかったけど、いろいろと勉強になったとNちゃん(中3)





結果はそれぞれでしたが・・・

努力が実を結んだ時の達成感や、努力をしたけど報われなかった悔しさは、これから先の人生に必ず何かの役に立てると信じています。

みんなと同じもいいけど、みんなと違う自分も見つけてほしい

自分にしかない個性を大事に育てていってほしいなと願っています





スポンサーサイト

ベーテン予選②

1週間経ってしまいましたが・・・

22日に川西みつなかホールでもベーテンの予選がありました。

課題曲コースにHちゃん(小2)がチャレンジ

体がちっちゃくて腕や指も細いので まずしっかりとした響く音を出すのが大変でした

でも、Hちゃんはコツコツと練習を重ねて、キレイな音で、 みごと金賞をGET

努力は裏切らないって証明してくれました。





自由曲コースにも、Yちゃん(小1)とNちゃん(中3)が参加して、2人とも最優秀賞をいただきました



この後、ピティナ本選を控えている2人です。

さらにいい演奏を目指して頑張ってほしいと思います




ベーテン予選①

昨日はベーテンの予選がありました。

ピティナの本選曲を本選と同じホールで弾けるので、Mちゃん(小1)・Nくん(小2)・Sちゃん(小4)の3人が受けました。

3人とも仲良く予選通過できました





3人ともいい感じで弾けたところもありましたが、もう少しこうした方がいいなとか思ったところもあったりして・・・色々な修正点も見えたので、これからPTNA本選に向けて頑張って練習していきたいと思います





これは、ホール入り口にあったピアノの鍵盤のオブジェ(さすが、音楽大学のホール)

私の母校ですが・・・


かわいいな~



2017ピティナ予選

久しぶりにペン(?)をとります。

ブログをもっていることを忘れていました(笑)



この間、生徒のお母さんに、「先生、最近全然ブログ書いてないんですね~」と言われ、

「ホンマや~、ブログの存在を忘れてた!」と…

ピティナ予選も始まったし、ボチボチ書いてみます。



今年は8人の生徒ちゃんが、ピティナにチャレンジすることになりました。

A1級→3人、B級→2人、C級→1人、E級→1人、F級→1人

その全員の予選が昨日(18日)、3地区に分かれてありました。



三田にはA1級のNくん(小2)

2週間前に1回目の予選があり、通過出来ませんでした。

2回目の昨日は、私はついて行けなかったので、心配で心配で…

結果の報告が予定時間を過ぎても全然こないので、もしかしてダメだったのかと…内心ビビっていました

ようやくきたメールは…「通過しました!

よかったー



大阪ではA1級(Mちゃん)、B級(Sちゃん)、C級(Sちゃん)の3人がそれぞれ頑張り、揃って通過!


さて、私がついて行った京都の4人はどうなるのか…

A1級(Yちゃん)、B級(Aちゃん)も通過出来ました

残るはE級・F級の先輩達2人…



E級(Nちゃん)の順番は10人中1番!

これは、キツイな

早い番号は、印象に残る演奏をしないと点数は伸びないからと舞台袖に送り出し、私とママは客席へ

なのにNちゃんの演奏はスリ傷がいっぱい

はぁー、これはヤバイな



次のF級(Kくん)の順番は9人中5番。

こちらも少し暴走気味で、私の心臓はバクバク

ホンマ、身体に悪いわ



結果は…2人とも通過!

正直、Nちゃんはアカンかも…と私もママもNちゃん自身も思っていたので、掲示板にNちゃんの名前があった時は、「うっそー

それを見たNちゃんは号泣!(周りから見たら、まるで落ちた子みたいやん笑)



NちゃんとKくんはすでに1回目の予選を終えて、どちらも通過しているので、次は本選に向けて全力疾走です。



なんとか全員通過しました。

とっても疲れた1日でしたが、とってもいい1日でした。

みんな、頑張ったねー

お疲れ様

また、次に向かって頑張ろうね



ピティナ受賞者コンサート

15日はNちゃん(中2)が受賞者コンサートに出演しました。

「四月は君の嘘」が大好きで、この中で主人公が弾いている曲「愛の悲しみ」が弾きたいと、頑張って練習してきました。

が、前日の朝、通常レッスンで普通にレッスンして、さぁ~あとは最終調整して明日楽しんで弾こうと帰って行ったはずが…

夜になって(7時頃かな?)ママからLINEが…

「思うように弾けないと、泣き出し…私もどうしたらいいかわからず…」

「どつぼっております」と…

まさかの「先生!助けてLINE」(笑)

とりあえず、すぐにおいでと呼んだのですが…

弾いては泣き、弾いては泣き、大変!

なんか思うように弾けない自分に苛立って焦って、どんどん悪い方向へとまっしぐら~

こらアカンわ

それでもなんとか気持ちを立て直し、帰りにコンビニに寄ってこんなん見つけました~とNちゃんから



自分に勝つ



そして15日本番

行く前の練習ではいい感じに仕上がってきていました。 が・・・

本番では自分の思うようには弾けなかったらしく、弾き終わった後にまたまた号泣

そしてめっちゃ腫れた目で、涙をぬぐいながら写真撮影(笑)

でもまぁ、前日のどん底の状況のことを思えば、まだマシやったよ~



どれほど練習しても、本番で力を出し切るのはとても難しいことです。

それは私もすごくよくわかっています。

それでも本番で一番の演奏をしたくて、みんなの笑顔が見たくて、充実感に満たされたくて、頑張っちゃうんですよね~

Nちゃん、よく頑張りました