フローレント ぴあの教室

ピアノが弾ける楽しさを伝えたくて、ピアノの先生をしています。
2011年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年10月
ARCHIVE ≫ 2011年10月
      
≪ 前月 |  2011年10月  | 翌月 ≫

調号カード

久々のブログ更新です



最近、教えていて気づいたこと・・・

調の名前がすっと言えない子が多いこと

バスティン・メソードをしていて、新しい曲を弾く時はその都度

私 「この曲は何調かな?」

生徒「・・・・・・」

私 「え習ったよ 今までも何回も聞いてるし」

生徒「ヘ長調

なんでやねん

私 「♯1個やん

生徒「・・・・・・ハ長調

私 「それは♯も♭も何もついていない調」

生徒「んじゃ、ト長調

みたいな・・・



他にも、聞かれてただ だまって固まってしまう子や、「わからない」と堂々と宣言する子

それぞれですが、これはやっぱり私の教え方に問題ありなの

これではイケマセン

で、パーティーDを見ていて閃きました

新レッスングッズ 『調号カード』



☆♯のつく順番ふぁ・ど・そ・れ・ら・み・し

☆♭のつく順番し・み・ら・れ・そ・ど・ふぁ

「♯と♭の順番は逆さまだよ」と・・・(わかってる子もいるし、へぇ~と今さらながら感心する子も・・・




☆♯の調の覚え方ト・ニ・イ・ホ・ロ・(嬰)ヘ

☆♭の調の覚え方ヘ・(変)ロ・(変)ホ・(変)イ・(変)ニ・(変)ト

指を1・2・3・・・・と折りながら♯1個はト長調、♯2個はニ長調・・・で、ト・ニ・イ・ホ・ロ・ヘと覚える(「但し、最後のヘは♯のふぁから始まるから嬰ヘ長調だよ」と言うことを忘れずに)




一番左のカードを見て、「こんなんわかれへん!だって何も書いてないもん!」という子がひとり・・・

おいおいおい

だから~「はい!裏見て読む!!」

『♯も♭もついていないので、この調はハ長調(Cメジャー)です。』

「あっそうやった」なんてね(笑)



とりあえず今は、幼稚園児や小学校低学年も使うので、誰でも読めるようにほとんどひらがなです。

大きい子達用に漢字入りも作る予定ですが・・・



<反省>

やっぱり口で言うだけじゃ、なかなか伝わらないって改めて思いました。

ただ聞いてるだけでは、理解できてないんだと・・・

「これ、わかりやすい~」とか「なるほど~やっとわかった」っていう子もいました。



いっぱいつくって生徒ちゃん達にも渡しています。

「今度テストするから・・・」と脅かしながら(笑)



次は何つくろっかな~


スポンサーサイト
プロフィール

chacorin

Author:chacorin
大阪市北区の天満橋でピアノ教室をしています。
個人レッスンです。


♪全日本ピアノ指導者協会(PTNA) 会員
♪大阪千里バスティン研究会 会員
♪PEN (Piano Educators Network) 会員

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ