フローレント ぴあの教室

ピアノが弾ける楽しさを伝えたくて、ピアノの先生をしています。
2014年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年12月
ARCHIVE ≫ 2014年12月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2014年12月  | 翌月 ≫

ピティナ受賞者コンサート

年末3連発の最後は、今年の春から夏のコンクールで頑張って本選優秀賞に入ったA1級のSちゃんと、全国大会入賞のC級のNちゃん、そして全国大会ベスト賞のD級のKくんの3人がいずみホールの受賞者コンサートに出演しました。

1部にC級のNちゃん、A1級のSちゃん。

Nちゃんはベーテンコンクールに照準を合わせて演奏のピークを持っていっていたので、演奏レベルが落ちないように保つのが大変

念願の1位がとれて燃え尽きていますから・・・(笑)



Sちゃんは初めての大舞台とは思えないくらいの落ち着きぶり

いつもと全く変わらない様子で、しっかりと弾き切りました。

Sちゃん、大物になるわ~(笑)





さて、2部にD級のKくん。

前日に私からのメール(ハッパをかけるつもりで書いたんだけど・・・)を勘違いして、私が怒っていると思ったKくん。

レッスンにやってきたKくんのテンションは恐ろしく

明日が本番なのに・・・

ヤバイ~

テンションをあげようと、あの手この手で励ますけれど、一度落ちてしまったテンションはなかなか上がらない・・・

もう、こうなったら励ます作戦はやめて、お願い作戦に出ました

私 「明日のいずみホールは先生のために弾いてほしいな~

Kくん 「はい。」

ボソっと答えてくれました。

私 「いい演奏、期待してるからね。」

そこから、少しずつマシになっていきました。


当日の出演前のレッスンではかなりいい感じに戻ってきて、本番では素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

何人もの人から「よかった~、Kくんのファンになったわ~」と言っていただき、私も胸がいっぱいになって涙が止まりませんでした

だって、だって、この演奏は私のためにしてくれたんですから~(笑)


リハーサルより



思春期の子は難しいですね。

ちょっとしたことで気持ちの変化が忙しいです。



今年も色んなことがあって、私もがたくさんありましたが、いい1年でした。

来年も皆様にとっても、私にとってもいい年でありますように願って、今年のブログを書き終えたいと思います。

今年も1年お世話になりました。

来年もどうぞ、宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト