フローレント ぴあの教室

ピアノが弾ける楽しさを伝えたくて、ピアノの先生をしています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP♪ コンクール ≫ ベーテン全国大会

ベーテン全国大会

12月24日と25日はベーテンコンクールの全国大会で、K君(中2)親子と一緒に24日の始発で東京へ



朝6時からこの食欲(笑)



東京駅は100周年 てことで、





Kくんの本番は午後からでしたので、レッスン室を借りて練習、ランチ、また練習…

曲目はショパンの「マズルカop.7-1」とラフマニノフの「プレリュードop.23-5」

マズルカは楽しそうに、プレリュードは頑張って色々考えながら弾いたそうです。

手があまり大きくないので、ラフマニノフは弾くのがかなり大変

雰囲気や音質はいい感じなのですが、和音をしっかりつかみきれずに隣の音が混ざってきたり、ハズしたり…

それでもK君らしいショパンとラフマニノフだったと思います。

結果は5位。

本人はもちろん1位を目指していたので、この結果に満足いかず

「オレはまだまだや…

とテンション低め

いえいえ、立派な成績ですよ

K君、5位おめでとう



さて、25日本番のNちゃん(小6)もあとから追いかけてきて東京へ前日入り。

K君の演奏が終わったら今度はNちゃんのレッスン



曲目はショパン=リストの「乙女の願い」

かなりいい感じで弾けてきました。

ただ何度も弾いていくとだんだんテンポが加速していき暴走するので、整えるのが大変なんです

本番はちょっと暴走しかけたところもありましたが、なんとかまとめてNちゃんらしく感性豊かな演奏でした。

結果発表と表彰式で30位から順に番号を呼ばれていくのですが、なかなか番号と名前を呼ばれないのでドキドキしていたら…最後に1位で呼ばれて

「うそー!」と「やったー!」の両方が交差して、手が震えてきました。

ピティナのコンクールで上位に入賞できなかった悔しさをバネに頑張ってきたNちゃん。

リベンジできてよかったね。

Nちゃん、1位おめでとう





興奮冷めやらぬまま、最終の新幹線に間に合わないと大変 と急いで会場を後にしました。

Nちゃんの1位を自分のことのように喜んでいたK君ですが、自分の成績に関してはいつまでも不機嫌なまま(笑)



だから~、中学生(1~3年)の部で5位はスゴイんだよ



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL