フローレント ぴあの教室

ピアノが弾ける楽しさを伝えたくて、ピアノの先生をしています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP♪ コンクール ≫ 2015ピティナ予選①

2015ピティナ予選①

いよいよ今年も始まりました。

私の教室での予選トップ走者、いや違う奏者はE級のKくん(中3)です。

予選会場は神戸芸術センターのシューマンホール、初めてのホールなので少し不安気味のKくん



思い起こせば小2で初めてピティナにチャレンジした頃は、まさかE級を受けるレベルに達するとは想像も出来ませんでした。

ピアノを弾くことが大好きで、不器用な手で一生懸命に練習して、まさに努力の人です。

今までにも、Kくんにはたくさんのことを教えてもらいました。

この先どこまでやれるか、楽しみです



さて予選ですが・・・結果は

通過しました

しかも川本ピアノ賞という(支部賞みたいな)賞もいただけて、ビックリ



さすがにE級はレベルが高く みなさんお上手で・・・

8人中(1人は検定)4人通過という、5割以上の通過率は、あまりないと思います。

ほとんどは3~4割かなー

そんな中、Kくんはひと際目だっていたと思います

ちょっと親バカに近い、先生バカですね(笑)



Kくんの本番の集中力はタダ者ではない、オーラがあります。

でも聴いてる私やK君ママはいつもハラハラドキドキさせられっぱなしで、ホンマ心臓に悪い・・・

弾いてる本人は楽しんでるらしいのですが、気持ちがノッテくるからか本番ではテンポが練習よりもアップ

いつも会場で祈る気持ちで聴いていて 無事演奏が終了すると、K君ママと胸を撫でおろしています



そんなスゴイ賞がいただけるとは夢にも思っていない私たちは、結果発表までのん気にお茶でもしようかと、駅近くの喫茶店へ



あまりにデカいアイスオーレに大ウケ(笑)、飲むのにも時間がかかり(汗)、予定時間を5分ほど遅れて会場に戻ると・・・

スタッフの方から「おめでとうございます」の声が

よかったー、通過したんだーと思ってホッとしたら、賞がいただけて表彰式があったとのこと。

そんなんあるって言ってよー

掲示発表だけだと思ってたから・・・



まっ、賞はオマケです。

本番に練習通りの演奏が出来て、それを評価していただけたこと、とても嬉しいです。

また次のステップ目指して頑張れる



この週末に2回目の予選があります。

でもこれで満足していたら、明るい未来はつかめないよ

より一層気持ちを引き締めて、次も1回目以上の演奏を期待していますよ、Kくん


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL