フローレント ぴあの教室

ピアノが弾ける楽しさを伝えたくて、ピアノの先生をしています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP♪ コンクール ≫ 2015ピティナ本選

2015ピティナ本選

ようやく本選がすべて終わりました。

2月の終わりに課題曲が出て5ヶ月とちょっと・・・

長かったような短かったような



結果は、

Rくん(A1級)・・・予選ではミスすることなく弾けましたが、本選では間違えて弾き直してしまいました

演奏直後は「やっちゃった」と笑っていましたが、ママの顔をみたら くやし涙が・・・

来年はノーミスを目指そうね



Sちゃん(B級)・・・2回とも1グループで演奏順が早く・・・

大きなミスはありませんでしたが、やはり本番での演奏としては反省すべき点が色々あるかな~

来年は成長したSちゃんが楽しみです



Nちゃん(D級)・・・2年続けてC級で全国大会に行ったNちゃん。

今年ももちろん全国大会目指して毎日一生懸命練習に励んでいました。

でも・・・2回とも1グループで早い演奏順

やはり順番は遅い方が有利です。

1回目は少し目立ったミスもあり、賞にもはいれませんでした。

しかしそんなことであきらめるNちゃんではありません。

次の本選まで3日あったので、もう一度悪かったところを練習し直して再度臨みました。

2回目は優秀賞には入りましたが・・・夢には届きませんでした。

結果発表を見た時は我慢していたそうですが、私に会いたいとやってきたNちゃんは、私の顔を見た途端涙腺が決壊

たくさん頑張った分、くやしさも大きいのです。



Kくん(E級)・・・C級とD級で1回ずつ全国大会に行ったKくん。

今年も絶対行くと、勉強と両立しながら頑張っていました。

1回目は順番にも恵まれ、絶対ここで決めると意気込んで、演奏もなかなかよかったのですが・・・

あと一歩及ばず・・・2人通過できるのですが、2番目の子と点数は同じだったんだけど、同点決勝で負けたようです

2回目は69人中の1番の演奏順

まさか1番めとは・・・ビックリしました

もちろん、点数ものびず、無理でした。

1回目の本選で決められなかったのが悔やまれます



今年は順番に結果が左右された年でした。

もちろんそれだけではありませんが、努力や気持ちだけではどうにもできない 運 というものがあります。

毎年たくさんの子が全国大会目指して頑張っています。

本選のプログラムを見ても、どの子が行ってもおかしくない名前が並んでいます。

それでもこの中から行けるのは1人か2人・・・

近畿はまたレベルが非常に高く、ここをぬけるのがすっごく大変なんです

頑張れば頑張るほど、結果が伴わない時の失望感は大きいです。

が、何もしないで過ごす日々よりよっぽどの価値のある時間です。

挫折を経験した時こそ、人間的に大きくなるチャンスだと思ってほしい。

私の経験上ですが、うまくいった時の方が少ないです

順風満帆・・・なんて、ありえない

人生、逆風だらけです・・よね

波乱万丈まではいかないかもしれませんが・・・色々あって、なんとかこれまでやって来れました。



気持ちの整理をするのに少し時間が必要ですが、それが出来たらきっとひとまわり大きな人間になっているはずなので、静かに見守りたいと思います。



それでも、コンクールに参加して楽しかったと言っていただいたり、気持ちのこもったお手紙をいただいたり・・・

お家での練習は大変なはずなのに、そんな風に思っていただけるのがとても嬉しく、私の元気の源になります

毎年、この時期にたくさんの思いを受け止めて、私もみんなと一緒に一喜一憂して、嬉しさも悔しさも同じかそれ以上に感じています。

思うような結果が出なくて、生徒ちゃんが泣いてたり凹んだりするのをみるのはとてもツライけど・・・

くよくよしてても何も変わらない何も始まらない

気持ちをスパッと切り替えていきたいと思います



みんな、お疲れ様でした。

みんなの頑張りにたくさんのをいただきました。

私こそ楽しい時間をありがとうと言いたいです




スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL