フローレント ぴあの教室

ピアノが弾ける楽しさを伝えたくて、ピアノの先生をしています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP♪ コンクール ≫ ピティナ予選 ③

ピティナ予選 ③

昨日、今日と東大阪支部の予選で、はびきのまで行って来ました。

昨日はA1級でコンペ初参加のRくん

Rくんは奈良前期の予選に参加したKくんの弟で、とにかく真面目にコツコツするタイプ。

でも、お初のことにはめっぽう弱いタイプで、コンペに出ようなんて言ったら不安で泣いちゃうかも・・・

と思い、「でもお試しのつもりで出したいね」とRくんママと相談して、ステップに出るという名目で(だまして)参加しました。(ステップは3月に出ていて、また出たいと言っていたので)

お兄ちゃんのKくんには結構ビシバシいく私ですが Rくんにはめっちゃ優しい

ほめて、ほめて、注意して、ほめて、ほめて、注意して、必ず最後はほめて終わる(笑)

なかなか指が思うようにまわりませんでしたが、練習は真面目にしてくるので、それなりに弾けるようにはなりました。

本番は、ママが言うにはハイテンションで、張り切って弾いたそうです

結果は・・・奨励賞

上出来です

賞と名のつくものがもらえるとは思っていませんでした。

奨励賞がいただけて、実はコンペだったんだよとバラしたら「へぇ~」だって

なかなか度胸あるやん

来年も頑張ろうね



そして今日はB級でMちゃん

先週、予選通過したHちゃんとは双子の姉妹で、この一週間かなりプレッシャーを感じていました

(私も内心Mちゃん以上にプレッシャーでいっぱいでしたが・・・

自分はダメだったらどうしようという焦りから、かなり神経過敏になっていたようです。

とにかくいっぱい練習して、今やれることはすべてやって、そうすれば結果はついてくるはずと、自分とMちゃんに言い聞かせて頑張りました。

結果は・・・優秀賞をいただくことが出来ました(予選通過です



帰りのの中でMちゃんはずっとニヤニヤしていました

この一週間、気持ちがきつかったから、それから解放されて自然と顔がにやけるMちゃんでした。



今回は努力が実を結んで結果は良い方向へと出ましたが、いつもそうとは限りません。

努力をしたけどうまくいかないことがあることは、ウン十年生きてきた私もよ~く知っています。

いや、うまくいかないことの方が多いかも・・・

それでもひとつひとつの課題に正面から向かっていくことで、結果がどう出ても必ず自分にとってプラスになっている大事な何かを得ていることは間違いありません。

生徒さん達みんな、コンクールに限らず、色んなことにチャレンジする気持ちを持ってほしいと願っています。
スポンサーサイト

Comment

Mちゃん、よくやった~
編集
すごいっ!
コンペの日程が一番最後で、しかも周りはみんな良い結果を出していて・・・
この状況で自分自身も結果を出すのは、大変なこと!
精神力の強さを感じます。
chaco先生のプレッシャーも大変だったと思います。
ほんとに、おめでとう~v-353
2010年06月21日(Mon) 12:14
ありがとう!
編集
これで少し肩の荷がおりました。

が、まだ2回目の予選と、本選が待っています。

まだまだ気をぬかないで、頑張らないとねi-237
2010年06月21日(Mon) 14:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

chacorin

Author:chacorin
大阪市北区の天満橋でピアノ教室をしています。
個人レッスンです。


♪全日本ピアノ指導者協会(PTNA) 会員
♪大阪千里バスティン研究会 会員
♪PEN (Piano Educators Network) 会員

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ